早めの対策が重要なシロアリやゴキブリ駆除|卵から根絶

男性女性

被害から家屋を守るために

悩む女の人

繁殖力の高さ

シロアリは、湿気を帯びた木を好み、その周辺に巣作りをします。そのため家屋に木材が多く使われている上に湿度も高い日本では、シロアリの被害が発生しがちです。しかも昨今では、温暖化の影響でシロアリが繁殖しやすくなっています。基本的には春から夏にかけての暖かい時期に活発になるのですが、気温によっては1年中産卵します。さらに家屋に住み着かれた場合には、家屋自体の温かさも手伝い、一層繁殖しやすくなります。繁殖すればするほど、当然家屋の被害は大きくなります。それにより柱や床の状態が悪くなり、放置しておけば家屋全体が倒壊する可能性も生じてきます。そのためシロアリは、いち早く発見し、適切な方法で確実に駆除をすることが大事とされています。

ベイト法により全滅

シロアリの巣穴は、床下に作られることが多いです。したがってスプレータイプの殺虫剤で駆除する場合には、床下にもぐる必要があります。しかも、巣穴が数多く存在している場合には、ひとつひとつを探し出して殺虫剤を使用しなければなりません。ひとつでも残してしまうと、そこでの繁殖により、被害が続くことになるからです。そのため駆除業者は、ベイト法という毒のエサを使った方法で、シロアリの駆除をおこなっています。正確には、シロアリの代謝を阻害する薬剤が含まれているエサを使うのです。これを庭などに埋めておくと、シロアリはエサごと薬剤を巣穴に持ち帰ります。するとそれを食べたシロアリは、代謝ができなくなることからどんどん力尽きていきます。これにより、全ての巣穴のシロアリを全滅させることもできるのです。